こんにちは。

なつみかんです。

 

 

ブログの固定ページをきちんと作ろうと思って、色々追加しています。

今回追加したのは、サイトマップ。

 

 

googleクローラー用のサイトマップではなく、人が見る用のサイトマップです。

全記事が一覧できるページを作りたくて。

 

 

プラグインで簡単にできるので、作り方をご紹介します。

 

 

WordPressのサイトマップをプラグインで作る方法

 

準備するのは「PS Auto Sitemap」というプラグインです。

 

 

このプラグインをインストールして有効化します。

 

 

すると設定のところにPS Auto Sitemapが出てくるので、クリック。

 

PSAutoSitemap設定

 

 

 

 

設定画面の下の方に使い方が書いてあります。

 

サイトマップの作り方

 

 

まずは固定ページを作ります。

 

タイトルは「サイトマップ」

本文をテキストモードにして、「<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>」をコピーして貼り付けます。

 

 

その記事をプレビューするとURLにpreview_idというのが含まれるので、その番号を覚えておく。

投稿だとpostになるみたいです。

 

でもwordpressのバージョンなどで変わるかもしれないので、それっぽい番号を使ってください(^_^;)

 

 

そのページは公開してしまいます。

今はまだ空っぽのはずです。

 

 

さっきのIDをPS Auto Sitemapの設定画面の「サイトマップを表示する記事」のところに入力します。

(今回は198でした。)

ps auto sitemap設定

 

 

あと他の設定項目はお好みで。

これだけでサイトマップが自動で作られます。

 

 

 

サイトマップシンプル

 

 

 

デザインもたくさん選べるんです。

音符とか付箋などの可愛い系や、ビジネス系など。

 

サイトマップ付箋

 

 

結局私が選んだのはシンプル2ですが。

サイトマップシンプル2

 

 

簡単だし、内部リンクが増えるのでSEO対策にもなります。

ぜひ作ってみてくださいね。